法人・個人財務に関するコンサルティング業務、士業交流会の企画・実施、リスクコンサルタント業務の有限会社フューチャーインシュアランス(広島県)ホームページ http://良い相談.jp/


プロフィール

西本晋司 写真
有限会社
フューチャーインシュアランス
代表取締役 西本 晋司
  • 1. 昭和36年、山口県柳井市生まれ
    星一徹のような父の下で幼少より野球に親しむ
    余田小学校、余田中学校、熊毛南高校
    そして神戸の甲南大学へ
    大学までずっと野球を続けることに
  • 2. 卒業と共に広島のマツダ協力部品メーカーで営業を経験しました。
    その後、知人の縁でゲームソフト会社コンパイル
    メディアに扱われるくらい当時は有名な会社でした
    倒産を機に外資系生命保険会社へ
  • 3. 営業経験を活かせると信じ、生命保険の世界に飛び込みましたが、結果は惨澹たるものでした。仕方なく「飛び込み営業」を始めることに。
  • 最初のお客様は下関の製造業。
    6回目の訪問ででご成約の確約をいただくにいたりました。
  • その経営者の方とは10年のお付き合いになりますが、経営について色々と教えをいただける程、可愛がっていただいております。今では100数十社の法人様のご契約をお預かりしております。

会社のこと

有限会社フューチャー
インシュアランス

  • 〒731-0122
    広島市安佐南区中筋3-7-18
    パレグレース中筋2F
  • 電話:082-962-0620
  • FAX:082-831-3512
  • Email:
    contact@nishimoto-shinji.com
事業内容:
法人・個人財務に関するコンサルティング業務
士業交流会の企画・実施
リスクコンサルティング業務

マラソンはメンタル!?

東京マラソン、

設楽選手が日本人最高記録を更新。

1億円をゲットして終わりました!




設楽選手は、

飄々と走るので、

(苦しくても楽でも)

あっさりとクリアした感があります。




途中、

先頭から置いていかれた時は、

「設楽選手でも難しいか〜?」

と思ったのですが。




だいたいに於いて、

あのような展開だと、

後は落ちて行くのが普通です。

良いものを観せていただきました。




それにしても、

大迫傑選手が福岡で快走して以来、

選手の目指すところが変わって来たように思います。




「世界と戦う」は言い過ぎでしょうが、

昨年との比較でもそれは現れています。




東京マラソンのサブテン(2時間10分切り)は、

(日本人ランナーの)

昨年は4人に対して、

今年は9人と倍以上です。




1年で、

選手の走力向上とは考え難いので、

大迫選手や設楽選手の様に、

大口を叩いて上を目指すという、

(良い意味での)

メンタル面が効いているように思います。

(あくまで私見ですが)




昨年は、

10位以内は日本人一人。

今年は、

10以内6人!

外国人が1年で衰えた訳でもないでしょう。




「男子は世界と戦えない!」

と言われて久しいですが、

メンタルの強さが変えてくれるような気がします。
















posted by 西本晋司 at 20:10 | Comment(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビルド

別大後、

ほとんどサボり勝ちの中、

行けるところまでビルド。




お腹はダブダブ、

脚もフラフラ。

別大の「残り香」での走りになります。




`6分でスタートし、

5Kまでは`5分30。




次の4Kを、

`4分40から30まであげ、

続いて4分に近いタイムでどこまで行けるか。




重い体でドスドスと、
  
`4分ちょっとで2K走るのが精一杯。




5本ほど流しを入れて、

約2Kダウンして終わり。 




別大の残り香はありましたが、

4月のMCASに向けて、

走る機会を増やして行こうと思います。

posted by 西本晋司 at 21:48 | Comment(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三ノ宮(駅周辺)

メーカーさんにお会いした後、

少し時間があったので、

駅周辺を歩いてみました。




大学に入学し、

最初に訪れたのがセンター街。
IMG_1797.JPG


山口県の田舎から出て来た私には、

「今日はお祭り!?」と思うほどの人出。

平日の景色でしたが。




ハンバーガーのマックを見るのも初めて。

横文字のお洒落な店々に、

圧倒されまくりました。




確か、

私のいでたちはジャージ上下とサンダルだったかと。

しかも素足で(>_<)

(今も大して違わないですが)




下宿は、

大学からほど近い、

共同風呂の木造。




金持ちのボンボンも居ましたが、

ジャージ上下にサンダルが、

サスーンのジーンズとブーツを履くまでには、

1年以上を要しました。




買い物に出ることの多かった、

三ノ宮や元町の高架下。
IMG_1798.JPG
まだ、開いてないお店。




下宿の仲間とウロウロし、

流行の物を物色しました。

以下のようなお店が並んでました。
IMG_1799.JPG





30年以上も経過していますが、

建物は当時のものなのでしょうか。




雰囲気はそのままな感じで、

とても懐かしかったです。




三ノ宮駅の南側は、

海が臨めない程高い建物が林立。

当時の景色とは違うような。




今度来るときは、

元町の方まで足を延ばして、

「赤萬」の餃子でも食べたいと思います!









posted by 西本晋司 at 20:45 | Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする