法人・個人財務に関するコンサルティング業務、士業交流会の企画・実施、リスクコンサルタント業務の有限会社フューチャーインシュアランス(広島県)ホームページ http://良い相談.jp/


プロフィール

西本晋司 写真
有限会社
フューチャーインシュアランス
代表取締役 西本 晋司
  • 1. 昭和36年、山口県柳井市生まれ
    星一徹のような父の下で幼少より野球に親しむ
    余田小学校、余田中学校、熊毛南高校
    そして神戸の甲南大学へ
    大学までずっと野球を続けることに
  • 2. 卒業と共に広島のマツダ協力部品メーカーで営業を経験しました。
    その後、知人の縁でゲームソフト会社コンパイル
    メディアに扱われるくらい当時は有名な会社でした
    倒産を機に外資系生命保険会社へ
  • 3. 営業経験を活かせると信じ、生命保険の世界に飛び込みましたが、結果は惨澹たるものでした。仕方なく「飛び込み営業」を始めることに。
  • 最初のお客様は下関の製造業。
    6回目の訪問ででご成約の確約をいただくにいたりました。
  • その経営者の方とは10年のお付き合いになりますが、経営について色々と教えをいただける程、可愛がっていただいております。今では100数十社の法人様のご契約をお預かりしております。

会社のこと

有限会社フューチャー
インシュアランス

  • 〒731-0122
    広島市安佐南区中筋3-7-18
    パレグレース中筋2F
  • 電話:082-962-0620
  • FAX:082-831-3512
  • Email:
    contact@nishimoto-shinji.com
事業内容:
法人・個人財務に関するコンサルティング業務
士業交流会の企画・実施
リスクコンサルティング業務

とみやさん

お昼時に街中に居たので、

昼食はとみやさんへ。
2016012612470000.jpg




相変わらずの人気で、

やや遅いお昼時でも歩道まで行列。




とにかく寒い!

なので、体を出来るだけお店側に向け(笑)

ただただ待ちます。




ここは食肉販売店のお店で、

ボリューム感のある肉料理が売りです。




前の方がカウンターを遠慮されたので、

私たちが早く入れてもらえました。

ただ、入り口が開いていて寒い。

上着を取らずに食べました。




寒い中待つ人々を励ますように、

店員さんたちの大きな声が飛び交います。

「いらっしゃいませ、お待たせしました〜!」

瞬間寒さを忘れます!

posted by 西本晋司 at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

締めはお好み焼き

事務所としては本日が仕事納め。

31日まで仕事は続くことになりますが、

皆様は昨日が仕事納めだったでしょうか。




今日は数件ご挨拶で廻らせていただきましたが、

お会いできたのは数人でした。




ゆっくりとお話できた方もおられて、

収穫も大きかったです。




街中にも入ったので、

観光客も加わったお好み焼き屋さんの行列に刺激を受け、

「お好み焼きで締めようか」と言う気持ちになりました。




こうなると他には興味がわかず、

好みのお店でないと後悔(何度も経験)するので、

時間を外して「文ちゃん」にしました。



最近は、

お店は3店の中から選び、

空(開いて)いてなければ断念し、

鉄板(皿では無く)でないとこれまた断念するという、

信念を持って臨んでいます(笑)。

いわゆる「お好み焼きの口」と言うもので、

断念するのは勇気がいるのですが。




ということで念願かないました。

ただ、最近覚えた「ソフトいか天」入れ忘れたのは悔やまれます。

それでも大満足の「締め」となりました。

ご馳走様でした!
2015122914060000.jpg








posted by 西本晋司 at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うどんすき

大阪での懇親会。

「うどんすき」久々でした。

恐らく、大学在学時以来だと思います。




学生時分は、

宴会と言えば、うどんすきでした。
kOPoVBhxwzDZR04JzgZ91CEJ7SfxuuxNmiC7lHJqzxVuhovY59viHZjsSYCYPyvi40czwqLRX5QgjzYzs6w6OcImGlXMnHlokm7LIIVFbJ76uz3v7JJ6Wn2q_6xc04zKR6_smrX5EUYu[1].jpg


何故か余り良いイメージではなかったので、

気になっていたのですが、

宴会の終盤になって理由が判りました。




私のテーブルは50歳前後が中心。

次々に出て来る料理と鍋双方を食べつくすことは到底無理。

結局たくさんの食べ残しが出ました。




それを見てハタと気が付いたのですが、

この「食べ残し」が嫌だったのでしょう。




幼い頃から、

「食べ残し」だけは厳しく言われ、

臭いのきつい野菜(金時人参やピーマンなど)が苦手だった私には、

地獄のような日々でした(笑)。




ただ大人になると、

どうも食べ残すことに抵抗があり、

苦手なものは、さっさと食べるようにして、

好物は後に食します。




うどんすきでは、

学生時分から鍋の中に食べ残された様を多く見たのでしょう。

その画像が蘇ったのだと思います。




鍋そのものは、

美味しくいただいたのですが、

席を立つ際には後ろめたい気持ちで一杯でした。







posted by 西本晋司 at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする